特選工芸浮織紬着尺「爽段文(白藍色 白藤色 鳥の子色)」織物好きの方にもおすすめ!帯合わせしやすい現代的ハイセンス!

特選工芸浮織紬着尺「爽段文(白藍色 白藤色 鳥の子色)」織物好きの方にもおすすめ!帯合わせしやすい現代的ハイセンス!

【 仕入れ担当 渡辺より 】長野県の伝承織物―信州上田紬から、浮織の立体感ある表情と爽やかなお色使いで都会的な印象も感じさせてくれる特選着尺のご紹介です!シンプルなデザインですので帯合わせ様々にコーディネートをお楽しみいただけ、流行り廃りなく、末永くお召しいただけます。繊細な色彩の妙が美しい、良きお色の作品を厳選仕入れしてまいりましたのでお目に留まりましたら是非ともお見逃しなく!【 お色柄 】サラリと肌に心地よい白藍色と白藤色と鳥の子色の横段地。その地には大小ある浮き織の繊細な模様が浮かび上がります。軽やかな風合いでございますので、単衣の季節にもお召しいただけます。【 上田紬について 】国指定伝統的工芸品「信州紬」のひとつ。長野県上田地方、更科、小県、埴科地方、とくに千曲川上流地帯でつくられる紬織物で、上田を集散地としたため上田紬と呼ばれた。江戸寛文年間(1661〜73)に伝えられ、江戸中期ごろから和糸生産の発展につれ、養蚕から生じる屑繭、玉繭を利用し、農家の副業として盛んになり、天保年間(1830〜44)に最盛期となった。もともとは玉糸が使用されていたが、現在では経糸に生糸、緯糸に紬糸(多くは機械を使用する)を用い、一部は高機による手織であるが、力織機による製織のものが多くなっている。絣のものも織り上げはあるが、縞柄が主で、普段着向きの着尺地として使用される。厚手で丈夫な地風で、江戸時代には大島紬や結城紬と並ぶ「日本三大紬」として一世を風靡した。*****************************************信州紬について*****************************************長野県全域10市17町村で生産される手織紬を指す。山繭紬(野蚕紬)、上田紬、飯田紬、伊那紬、?紬(あしつむぎ)、?紬(しけつむぎ)、ふとり紬などがある。

◆最適な着用時期 10月〜翌年5月の袷頃5月下旬〜6月、9月〜10月上旬の単衣頃◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません◆着用シーン 芸術鑑賞、ご友人との気軽なお食事、街歩きなど◆あわせる帯 洒落袋帯、名古屋帯など

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。

お仕立て料金はこちら[ 袷 ]地入れ3,300円+※胴裏7,260円〜+八掛8,800円+お仕立代28,600円(全て税込)で承ります。[ 単 ]地入れ3,300円+衿裏2,200円+お仕立代28,600円(全て税込)で承ります。※国内手縫い仕立て+17,600円(税込)加工(湯のし、地入れ、紋地入れ)はこちら (地入れ)

絹100%長さ13m 内巾39cm(最大裄丈約74cm)

[文責:渡辺 健太]

ネットショップ全体での類似商品の価格比較

この製品をおすすめするレビュー

この製品をおすすめするレビュー

この製品をおすすめするレビュー

価格動向(特選工芸浮織紬着尺「爽段文(白藍色 白藤色 鳥の子色)」織物好きの方にもおすすめ!帯合わせしやすい現代的ハイセンス!)

熱の傾向(特選工芸浮織紬着尺「爽段文(白藍色 白藤色 鳥の子色)」織物好きの方にもおすすめ!帯合わせしやすい現代的ハイセンス!)

トピックス(反物)

アクセスランキング(反物)